丸わかり!はじめての家族葬in船橋市

ホーム > 船橋市の家族葬情報 > 時代と共に変化をしてきている家族葬

時代と共に変化をしてきている家族葬

 身近な人が亡くなると悲しみの中に想い出なども湧き上がり、気持ちの整理がつかなくなることもあります。
葬儀をする意味としては、故人と家族との永遠の別れという意味がありますが、心の中にいつでもいるという気持ちの持ちようで変ってきます。
また故人が日常生活をしていた人との別れなどもあり、社会関係者との別れがあります。
この社会関係者との別れが葬儀では優先的に行われることが多く、実際には家族との時間がないということも当たり前にあります。
そのために近年変わってきたのは家族葬というシステムになります。
ごく親しい親族のみで行うことになる葬儀ですから、自分達の時間を使うことができますし、気を使うことが無いためにリラックスしたお別れをすることができるのが特徴です。
また後から亡くなったことを伝えることも、失礼に当たらないと価値観が代わっています。

 千葉県にある船橋市は千葉市に次いで人口の多い地域となっていて、東京のベッドタウンとしての機能も高いところです。
そのためにたくさんの人が住んでいますが、葬儀なども家族葬ができる施設が多くなっています。
むしろシステムとしての意義では田舎よりも都会型の争議になっているのが家族葬で、利便性を含めたコストパフォーマンスなども整っているということも人気の理由です。
アットホームな雰囲気の中で進めることができるのが魅力になっていますが、これは準備する側が他の人が大勢参列する形ではないので、とても楽にすごすことができます。
また家族との時間を大切にして、いろいろな話に花を咲かせることができますし、気を使わないという点では今の時代にマッチしたサービスだということがわかります。

 家族葬のメリットでいえば、一般葬で参列してくれる人の中には「付き合い」ということで来てくれる人がいます。
そのために無駄なお金を使うことになるので、気持ちの入った葬儀にならないこともしばしば見受けられます。
そうならないようにするには、やはり家族葬で親族だけでやることの方が意義深く別れを惜しむことができます。
戦後の高度経済成長から都市型というのは発展してきますので、その名残の中で葬儀も形を変えてきました。
付き合いというのはもちろん必要になりますが、亡くなった故人を考えると本当に葬儀をする意味を考えなくてはいけない時代になっていると感じます。
親しい仲にも礼儀ありという言葉がありますので、礼儀を欠いてはいけないです。
そういう意味では家族葬が終わった後に、仏壇に挨拶に行くでも失礼には当たりません。

次の記事へ

カテゴリー