丸わかり!はじめての家族葬in船橋市

ホーム > 船橋市の家族葬情報 > 家族葬の費用や注意すべき点とは

家族葬の費用や注意すべき点とは

 葬儀を執り行うことは長い人生の間でもそう多いことではないので、いざとり行おうとして見積もりを取った時には、必要となるトータル費用が思いの外高額で頭を悩ませることも多いのではないでしょうか。
少しでも費用を抑え、なおかつ充実した内容にすることができるのが家族葬です。
儀式や内容に関しては一般的な葬儀と変わりはなく、規模が小さいというだけというのはかなり大きな魅力といえます。
費用を抑えられるというだけではなく、ごく身近な人のみで執り行えるので精神面の負担も減らすことができるというのも良い点です。
飲食接待費などかさみがちな費用も最小限で済ますことができるのも、良い点ではないでしょうか。
船橋市でも家族葬の需要が高まっており、業者の選択肢は年々増えつつあり費用も抑えられる傾向にあります。

 葬儀を執り行う時に気になるのは、総額いくら必要になるのかという点というのは当然のことであり、葬儀費用の内訳は、葬儀一式の費用と飲食の費用、そして寺院の費用になります。
これは葬儀の規模に関係なく頭においておくべき基本ですが、近年需要を高めている家族葬の場合にも当てはまります。
家族葬が費用を抑えることができるのは、規模が小さいので会場も小さくてよく、見栄を張ってランクアップさせる必要もないので葬儀一式費用も安く抑えることができるという点と、会葬者が少ないので飲食接待費も殆ど必要ないという点ではないでしょうか。
必要となるトータル費用はどの程度かを考えるためにも、複数の葬儀業者を比較して本当に納得できる葬儀を執り行うことができる先を選ぶようにしておきましょう。

 家族葬は参列者が減ることで、会場を小さくすることができたり飲食接待費が抑えられるというメリットがあり、金銭面の負担から解放されると考えがちです。
しかし気をつけておかなくてはならない点もあります。
それが会葬者が減ることによるリスクです。
参列者が減るということは、当然香典の数も減ることになるので、大半が自己負担となります。
一般葬儀よりも安く済ませることができると考えていても、実際に自己負担の金額として大した違いは生まれなかったり、一般葬儀よりも高額な負担となることも珍しくはありません。
金銭面で安く済ませられるという理由で家族葬を選ぶ時には、本当に負担は減らすことができるのかという点には十分気をつけるようにしなければいけません。
業者による違いも大きいので、気をつけましょう。

次の記事へ

カテゴリー