掃除をしやすい網戸のサッシとは

新築やリフォームでは、窓のサッシが新しくなることで網戸の買い替えも同時に行なう方も少ないかと思いますが、その際に気をつけたいのが防虫性や眺望の面で不自由しないかという点です。上記の点に配慮することで、快適な暮らし作りができると言っても過言ではありません。ショールームでは、窓や網戸の開閉を体験することができます。実際に触ってみることで良し悪しを実感できることから、ショールームなどを上手に活用することをおすすめします。住宅の窓サッシはアルミ素材が定番となっています。網戸枠のカラーバリエーションは、ホワイトやブラックの定番色からシルバーやブロンドといった色と多彩に取り揃えられています。近年、ペットを飼う家庭も多いことから従来の網戸より強力なグラスファイバータイプの物を選ぶ方が増えています。

網戸のサッシを選ぶ際にはそれぞれの特徴を理解することが肝心

網戸の設置をすることで、外部からの虫や花粉などのアレルギー物質を内部に侵入しないよう防ぐことができます。夏の暑い時期では、網戸を活用することで空気循環が可能となり、室内で快適に過ごすことがきます。サッシは大きく分けて、アルミ、樹脂、複合に分けられます。これら3つの特徴を把握することで、自宅に適している物を選ぶことが可能になります。アルミは3種類の中で最も軽い素材であるために、開閉がスムーズにできます。耐久性にも優れているので長期的に使用が可能です。樹脂タイプの物では、結露に強いことが言えます。このタイプを使用することで、結露からなるカビの発生を抑制することができます。冷気の侵入を最小限にできるのも特徴の1つです。複合タイプでは、アルミと樹脂を合わせ持ったサッシと言え、両方の良い部分が備わっています。ですが、値段が個々に比べて割高となる点が唯一の欠点です。

網戸のサッシの掃除のやり方と注意点

外部のほこりなどで汚れが溜まる網戸やサッシ部分は、年に数回掃除をしてあげると風の通りもよくなりおすすめです。まず、手で取れる小石やほこりは最初に取り除いておくと、後々の段取りがスムーズに行えます。ハンドタイプのブラシなどで掃く作業がおすすめですが、面倒な方は掃除機をかけても良いです。ブラシや掃除機で取り除けないサッシの隅っこやレール部分は、割りばしなどの細い形状の物を使います。水で濡らしたキッチンペーパーを巻き付けて、優しくこすると取り除くことが可能です。サッシにカビが生えてしまっている場合は、さらに強力な力で取り除くことができるスチームクリーナーが最適です。スチームクリーナーを持っていないという方は、カビ取り用洗剤の用意が良いですが、サッシの素材がアルミの場合溶けてしまう恐れがあるので細心の注意が必要です。